ボルゲーゼ美術館 (Galleria Borghese)

borghese

ローマの人びとに一番親しまれている公園の緑の中にあるボルゲーゼ美術館は、美術品の真の宝庫であり、枢機卿シピオーネ・ボルゲーゼ(Scipione Borghese)のコレクションの成果です。彼は1600年代の初めに、正に自分の蒐集品を置くためにこのヴィッラを建てさせました。ボルゲーゼ美術館は、個人のコレクションとして生まれ、その作品や配置は教育的基準(時代、主題)には一致せず、むしろ古い所有者たちの趣味や意図を反映していることを考慮に入れる必要があります。枢機卿のために若きベルニーニが実現した一連の彫刻作品(アエネーアス、プロセルピーナの略奪、アポロンとダフネ、ダヴィデ)(Enea, Il ratto di Proserpina, Apollo e Dafne, il David) は、私たちを彼らの事件に参加させようとしているかのようです。ティツィアーノの「聖愛と俗愛」(Amore Sacro e Amor Profano)、カラヴァッジョ(Caravaggio)の傑作、カノーヴァ(Canova)が勝利のヴィーナス(Venere Vincitrice)として表したナポレオンの愛した妹、素晴らしい「パオリーナ・ボルゲーゼ」(Paolina Borghese)など見逃せません。

住所 Piazzale del Museo Borghese, 5
メールアドレス sspsae-rm.galleriaborghese@beniculturali.it
ウェブサイト http://galleriaborghese.beniculturali.it
電話番号 +39 06 32810